そこまでするか?と通常思うことでも、する人はするんですね。たとえそれが犯罪であっても。ニュースを見てただただ呆れました。今朝のニュースにこんな事件が載っていました。

犯行がばれないように飲食店の制服を盗んで着込み、売上金を奪ったなどとして、生田署は5日、窃盗容疑などでいずれも神戸市内の、アルバイトの少女(18)と高校1、3年の少女2人=ともに(17)=の3人を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は6月20日午後9時40分ごろ、神戸市中央区東川崎町の商業施設「神戸ハーバーランドumie」の倉庫に侵入。入店する飲食店の制服上下1セットを盗んだ上、1人がそれを着込み、入金機が置いてある部屋に忍び込んで店の売上金5万円を盗んだとしている。

記事元:産経WEST「怪しまれないよう」店の制服着て売上金窃盗 容疑で女子高生ら3人逮捕 神戸

監視真面目に働いたら稼げる金額。行った行為の代償の方がはるかに大きいです。でも、するんです。未成年であっても。アルバイトを雇う側としては、本当に頭を抱える問題です。

こんなことされるなら、簡単に人を雇えない。とはいっても、面接だけで窃盗するかなんてわからない。どうすりゃいいんだ・・・と不安にかられるのもわかります。しかし、

1人も雇わず経営することが出来ないとなると、雇わざるをえません。だから、このような行為が行われても、後で追跡できる環境を作っておくことがとても大切になります。

犯行に及んでいる姿をとらえている映像ほど強力な証拠はありませんよね。ウソのつきようが無いわけですから。もちろん、毎回毎回現行犯逮捕が出来るならばいいです。でも、窃盗をする側も、わざわざ人に見られているところで行いませんから現場をとらえるほうが非現実的。だから、

防犯カメラが、あなたが経営されている店を助ける強力な武器になるんです。今や、街のいたるところにも設置されています。ここに録画された映像を頼りに警察も捜査をすすめたりします(テレビでもやっているので観たことあると思います)。

犯行があって報道されると、「あそこの店、泥棒入ったんやって」なんて噂されると店の印象も悪くなります。そうすれば客足も悪くなり、経営も・・・

考えたくないことですが、経営者としてはやはり自分の生活、家族の生活を守る為に考えた方が良いことです。今設置しているカメラの映像があまり良くない、または全く設置していない方は当社にご相談ください。電話番号は、06-6226-8484です。