お客様のところへ車で行って帰ってきたときのこと。
車を車庫に入れようとすると、、、

当社が借りている駐車場のうち1つは立体駐車場です。暗証番号を入力してパレットが来ると扉が開くタイプ。よくありますね。で、そこで暗証番号を入力する操作パネルを見ると何を意味するのかサッパリわからないですが、エラーコードのようなものが表示されていました。故障の際は・・・というところに電話番号が書かれているのでそちらへかけてみると、どうやら他の方からの申告もあったんだとか。

作業員が現地に向かっているとのことだったので私は待っているほど余裕もないため別のところへ行くためにその場を離れました。

1時間かそこらした後だったと思いますが、無事直ったとの連絡を受けたので、ちょうど用事も済んだことですから戻りました。そして無事、入庫。

原因は様々ですが機械ものには、どうしてもトラブルがつきものです。どうしようもないこと。ただ、逆に考えると、部品や機械そのものを取り替えることで、役目を果たすことが再び出来るようになるということです。人間だったらそういうわけにはいきません。その人その人で個性も違いますし、能力も違います。

なので、やはり機械で出来ることは機械でするというのは“ある意味”メリットなんだと思います。事務所にあるパソコンもそうですが、本体が壊れても取り替えたら同じデータを扱うことができます。複合機が壊れても取り替えたら再びコピーやファックスが使えるようになります。

御社でも様々な事務機器があると思います。それらにも寿命があります。パソコンや複合機だったら約5年。ビジネスホンだったら約10年。取り替える間、仕事が出来なくなってしまうものなので、もしこれくらいの期間が経過しているようでしたら取替を検討されてみてはいかがでしょうか?

P.S.複合機については、お得なキャンペーンを行っています。期間限定ですのでお見逃しなく!